ゴーヤ日記

2013年06月06日(木)

ゴーヤの摘心しました

ゴーヤたちはすくすくと伸び、順調に育っています。

 

そして、根元の脇から子ヅルも伸びてきているので、ついに「摘心」作業をしました。

 

「摘心」とは、親ヅル(一番初めに伸び始めた、今、一番成長しているツル)の先端を切るだけの簡単な作業です。

 

この作業をすると、子ヅルが伸びやすくなり、ツルが横に広がっていくようです。

 

また、親ヅルにはあまり実がつかないので、子ヅルを伸ばしたほうが収穫量も上がるようです。

 

たくさんツルを伸ばして、しっかり緑のカーテンを作ってもらいたいです。

2013/06/06 16:34 | 2013年


 
 

ページトップ

トピックス

Copyright© KUDO CORPORATION All rights reserved.