「創業50周年」の節目に作業服のリニューアル及び統一を実施

工藤建設株式会社は、本年「創業50周年」を迎え、作業服のリニューアル及び統一を、平成28年7月1日より行いました。

 

本社社員に加え、これまで本社(建設事業部・フローレンスガーデン事業部)とは別のデザインの作業服を着ていた港北ニュータウン営業所(建物管理事業部)も含め、統一した新しいデザインの作業服を着用します。

 

今回の作業服リニューアル及び統一は、現場社員によるプロジェクトチームが、動きやすさや安全性・快適性などを考え、「社員に気持ちよく安全に働いてもらう事」「お客様に当社の社員であることを認識しやすくする事」「次の50年に向けて気持ちを新たに強く必要とされる企業を目指し、社員一丸となって新たな一歩を踏み出すこと」を目的として行いました。

 

また、着用する社員の要望や意見を取り入れることで、作業服に対する愛着を持ち、大切にしてもらい、当社の社員である事に誇りを持って業務に取り組んでいただきたいと考えています。

 

ヘルメットのリニューアルも同時に行いました。ヘルメットはデザインの変更と上方視界の安全性を向上させるため、クリアバイザーを採用しました。

 

作業服のリニューアルだけでなく、今後も社員の声に耳を傾け、社員が誇りを持ち続けられる環境と整えていきたいと考えています。

冬用作業着(左)夏用作業着(右)

*イメージ

デザインを変更したヘルメット


ページトップ

トピックス

Copyright© KUDO CORPORATION All rights reserved.