CSR活動報告

地元の秋の風物詩
「驚神社例大祭」が執り行われました
地元の秋の風物詩として親しまれている「驚(おどろき)神社例大祭」が、平成29(2017)年10月7日(土)・8日(日)、盛大に執り行われました。
 
毎年10月、体育の日の前の日曜日に開催される「驚神社例大祭」は歴史ある祭りです。当日は、旧石川村(現横浜市青葉区)の各谷戸(やと)宮である、「保木(ほうぎ)」「荏子田(えごだ)」「平川(ひらかわ)」「船頭(せんどう)」「宮本(みやもと)」の計5か所の御神輿・御囃子・大太鼓が練り歩き、「牛込の獅子舞」(神奈川県指定無形文化財)が驚神社に奉納されます。工藤建設本社のある横浜市青葉区新石川は、宮本の御神輿が練り歩き、その道中、当社の駐車場で休憩していきます。
宵宮の大人神輿(本社エントランス前)

宵宮の大人神輿(本社エントランス前)

宮若の皆様をおもてなしする工藤社長

宮若の皆様をおもてなしする工藤社長


今年も、自社の駐車場を2日間休憩場所として開放し、社員が準備した温かいおでんや巻き寿司・お酒等を振舞いました。
 
工藤社長及び社員一人ひとりが「心を込めたおもてなし」をすることができ、宮若の方々に喜んでいただくことができました。
また、若宮の皆さまから「毎年ありがとうございます」「今年もよろしくお願いいたします」と感謝の言葉をいただき、社員にも笑顔があふれました。
 
工藤社長からは「今年も非常に盛り上がり、良い雰囲気であった。社員全員が、「おもてなしの気持ち」で対応していたので、それが宮若・地元の方々にも通じたのではないか。地元の方々と気持ちを通じ合わせ、ますます強く必要とされる会社になれたのではないか」との言葉がありました。社員からは「毎年実施している事だが、これまでより、より一層気持ちを込めたおもてなしができた。来年はもっと良くしたい」「去年より今年、今年より来年と、より良いおもてなしを行っていきたい」と、前向きな話を聞けました。
 
来年も、より良いおもてなしを行い、宮若の皆さま、地元の皆さまに感動して頂けるように一層努力し、今以上に「強く必要とされる会社」「強く必要とされる社員」を目指して参ります。
子ども神輿

子ども神輿

先頭を担いでいる当社社員(本社駐車場)

先頭を担いでいる当社社員(本社駐車場)


例祭の大人神輿(本社駐車場)

例祭の大人神輿(本社駐車場)


優勝めざし、「青葉区自衛消防隊消防操法技術訓練会」へ出場
大会・イベントを通した「きっかけ」作り
平成29年9月25日(月)横浜市自衛消防隊消防操法技術訓練会の予選である青葉区の大会が青葉自動車学校にて開催され、各事業部の若手で結成した工藤建設チームで参加しました。メンバーは、以下のとおりです。
 
<メンバー>
隊長 吉濱主任(建物管理事業部)
宮本社員(建設事業部)
梅田社員(住宅事業部)
森社員(建物管理事業部)
増田社員(経営管理部)
 
毎朝1時間の自主練習に加え、毎週2回、 青葉消防署やこどもの国で、青葉消防署員の方々に、放水の仕方やホースの巻き方のコツなどを指導していただきました。
また、練習時には過去出場した社員も激励に駆けつけ、様々なアドバイスをしていました。
 
参加した社員は、
「大会では自分たちのベストタイムを出すことができたので、優勝できると思っていた。」
「くやしいが、全力を尽くすことができ良かった。来年も出場したい。」
「過去に出場した先輩方が練習を見に来てくれ、アドバイスをしてくれたのでうれしかった」
「大会では他の区の出場者が見に来ていたのでとても緊張した。通常は見に来ることはないと聞いていたので、青葉区の大会(青葉区代表は3年連続で横浜市の大会で優勝)はとても注目されていると感じた。」
とコメント。工藤常務からは、
「参加した4人に申し訳なく思う。優勝させてあげたかった。」
との話が聞けました。

2位という結果でしたが、参加した社員の真剣なまなざしまぶしいぐらいの笑顔を見ることができ、充実した1日を送ることが出来ました。
また、一生懸命頑張っている姿を見て、お客様や協力業者の皆さん、交流の少ない他事業部の社員にも、参加した社員の事を知ってもらうきっかけができたのではないでしょうか。このきっかけを大切にし、様々な方々との交流を深め強く必要とされる人に成長して行ってほしいと考えています。
 
当社は、結果はもちろん大切ですが、挑戦する気持ちや努力する事・継続し続ける事も大切だと考えています。今後も様々なイベントや大会に対し、努力を惜しまず挑戦していきますので応援の程宜しくお願いいたします。
また、今回お世話になった青葉消防署員の方々に厚く御礼申し上げます。
 
平成29年10月13日
CSR委員会
 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団への支援
メセナ(芸術・文化支援)を通じた社会貢献の取り組み

工藤建設は、同じ地域で活動している公益財団法人「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」が、地域や子どもたちのために「メセナ(芸術・文化支援)活動」を行っていることを知り、当社として何か力になればと考え、「神奈フィル・ブルーダル・サポーターズ」として支援しています。

 

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」が活動を通じて目指している「地域に密着した音楽文化創造への取り組み」とは、子供たちへの芸術教育・若手音楽家の育成・地域のスポーツなどとの連携・幅広い音楽ジャンルへの取り組み・音楽の魅力を伝える無料コンサートなどを通して、地域の芸術文化を支援する活動です。(公益財団法人「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」ホームページより抜粋)

 

当社は、他にも「スポーツ支援活動」として「日体大FIELDS横浜」(サッカー)や「横浜B-CORSAIRS」(バスケットボール)などの支援をしてきましたが、今後も「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」をはじめ、様々な「メセナ(芸術・文化支援)活動」を支援・実施し、社会貢献に取り組んでいきます。

 

 

平成29年3月1日

CSR委員会


2017年「1DAY―インターンシップ」開催
就職に役立つ「インターンシップ」

工藤建設は、学生さんに建設・住宅業界及び当社のことを知っていただき、一般常識やビジネスマナー、社会の仕組みや厳しさなどを学んでもらうことを目的とし、昨年より「1DAY―インターンシップ」を開催しています。

 

今年は1月14日(土)に「1DAY―インターンシップ」を開催し、様々な学校から5名(男性4名・女性1名)の学生さんに参加していただきました。

 

今回は、神奈川県の市場・環境・業界の仕組み、工藤建設の概要等説明の後、住宅部門「フローレンスガーデン事業部」のショールーム及びオープンハウス「はないえ」を見学し、住宅営業の疑似体験をしてもらいました。その後、ビル・マンションなどの建築部門である「建設事業部」の新築現場も見学。さらに、最後に人事担当より就職活動のアドバイスを行いました。

 

参加した学生さんから様々な感想をいただきました。

~Hさん(男性)~

施工現場では普段見ることのできない景色を見ることができ、現場所長からは、仕事に対する喜びや熱意を感じることができました。将来は自分もこうなりたいと思いました。また、営業担当者の話を聞き、お客様との強い絆・社員同士の絆を強く感じることができました。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。また、インターンシップの案内状に同封されたクリスマスカードが、とてもクリエイティブでおしゃれだと家族内で話題となりました。

~Fさん(女性)~

建設会社のイメージは男性が多く厳しい社会だと思っていたましたが、本日のインターンシップに参加し、そのイメージががらりと変わりました。建設業界で働くというイメージが自分の中で大きく変わる1日になりました。

~Aさん(男性)~

多くの職種で活躍している社員の話を聞くことができ、充実した1日を送れました。人事担当者の細やかな気遣いが嬉しく、励みになりました。

~Sさん(男性)~

初めてフローレンスガーデン事業部の地下室を見て、今までのイメージが変わりました。これからは地下室が流行るのではないかと感じました。また、建設業界は横のつながりが多いことが分かった。

~Uさん(男性)~

何度かインターンシップを経験しているが、今までで一番丁寧なインターンシップだった。本日頂いた多くのアドバイスがとても参考になりました。

工藤建設では、参加した学生さんに様々なことを学んでもらい、就職活動に役立ててもらうため、「学生さんが一番知りたいこと・体験してみたいこと」などを取入れたインターンシップを実施します。

【 参加大学 】東京電機大学・大東文化大学・慶応義塾大学・神奈川大学・専修大学(順不同)

第2回「1DAY―インターンシップ」開催決定

【 開催日 】2017年2月18日(土)(定員8名)

【 申し込み方法 】下記を記載の上、メールアドレスに送信してください。

①学校名・学部・学科

②氏名(フリガナ)

③連絡先(できれば携帯電話番号)

【 メールアドレス 】chiaki_takeuchi@kudo.co.jp (人事担当:竹内)

【 申し込み期日 】2017年2月10日(金)18時まで

平成29年1月26日

CSR委員会


平成28年 熊本地震にともなう義援金について

平成28年に発生した熊本地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

熊本地震による被災者を支援するため、FBCゴルフ会一同から128,000円の義援金を募り、工藤建設株式会社からの義援金を合わせ総額1,128,000円を2016年6月24日公益財団法人 神奈川新聞厚生文化事業団に寄付いたしました。 

*FBCゴルフ会…当社社員と協力業者の親交を深める為に結成

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

ページトップ

トピックス

Copyright© KUDO CORPORATION All rights reserved.